>人気記事>建設業の認可は優秀な行政書士に依頼〜簡単・確実に申請できる〜

一部の行政書士がトラブルを招いている

建設業の認可に向けて行政書士に依頼をする方は多いです。しかし間違った基準で依頼をすると申請が遅い、専門じゃなかったので話が進まないなどのトラブルを招きます。スムーズな申請を行うのであれば信頼のできる行政書士を見極めて依頼をしてみましょう。

信頼できる行政書士の見分け方

説明

会員証を確認する

行政書士にはひとりひとりに8桁の登録番号があります。最初の2桁は登録をした年度を表しています。ですので、最初の2桁が14だった場合は2014年度の登録をしたことになります。なので、最初の2桁に注目しておきましょう。登録番号はホームページなどに記載されているので直接事務所を訪れなくても確認することができます。

専業で行政書士を行っているか

一部の行政書士には、他の仕事を行っていて、実は行政書士は本業じゃないという人もいます。兼業の行政書士はトラブルが多いこともあるため、依頼するのはやめておきましょう。本業が会社員という行政書士は、平日に会えないどころか電話に出ないこともあります。事務所を構えてない行政書士も兼業で行っている場合が多いです。トラブルを避けるためにも、専業の行政書士に依頼するようにしましょう。

料金のことしか言わないところは注意

料金が安いことを売りにしている行政書士もトラブルが多いので注意しましょう。行政書士の仕事を真剣に行っている人が少なく、数年すると連絡が取れなくなる場合があります。また、仕事が遅く、詳しい内容を説明してこないなどのいい加減な行政書士である確立が高いです。そのため、料金のことだけ話す行政書士は避けるべきだと言えます。

建設業の認可は優秀な行政書士に依頼〜簡単・確実に申請できる〜

女の人

相続対策ができなくなる前にしておきたいこと

財産を持っている人が認知症を発症してしまうと、実の子や妻であっても相続対策を行うことはできません。そういったトラブルは家族信託を利用して未然に防ぐことができます。家族信託はまだまだ対応できる専門家が少ないですが、将来の相続で不安があるのであれば、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。