将来に役立つ知識をあらかじめ理解しておこう

家族や親族が亡くなった場合、相続をする必要があります。相続にはとても時間がかかるため、あらかじめ理解を深めておきましょう。将来相続をするにあたって大切な知識となるでしょう。

相続を始めるうえで必要なもの

  • 亡くなった人の戸籍謄本
  • 亡くなった人の住民票の除票
  • 相続人の戸籍謄本
  • 遺産分与協議書
  • 相続人の印鑑証明書

相続って何?将来のための今からできる相続対策

ジャッジガベル

相続とは?

相続とは、残った遺族に財産や義務などを引き継ぐ事を言います。あまり詳しくない人の中では、土地や建物の不動産や金銭などの財産を引き継ぐイメージがありますが、借金や家賃の滞納、住宅ローンなどの負債を引き継ぐこともあります。

弁護士バッジ

必ず覚えてほしいこと

場合によって相続税を支払わなくて済むことできる「基礎控除」を必ず覚えておきましょう。この基礎控除は相続する財産の金額によって変動します。金額の出し方は3000万円+法定相続人の数×600万円になります。ですので、法定相続人が3人いた場合は4800万円になります。相続する財産が4800万円以下の場合は相続税を支払う必要はありません。

ジャッジガベル

法定相続人は早めに決めておく

法定相続人とは普通、家族や親戚になります。ですが、前妻との子供や養子縁組をした子も相続人になります。なのでいざ、相続を始めるとなった場合に顔も素性も知らない人と揉めてしまうケースも多くあります。こういった遺産相続でトラブルにならないためにも法定相続人は早いうちから決めておきましょう。

[PR]
家族信託を検討しているなら注目
対応実績豊富な事務所を厳選リサーチ♪

担当税理士のチェックポイント

天秤

資格の有無

税理士事務所には税理士の資格取得を目指している人や、金融や不動産に強いが資格を持っていない人がスタッフとして実務をこなしていることがあります。そういった方でも知識はあり経験も積んでいますが、相続税を申告するためには資格を持っている税理士を担当者にした方が良いでしょう。

経験の多さ

税理士の資格は全ての分野を学ばなくても取得することができます。特に相続税法は選択科目なので新人税理士である場合、相続税法についてほぼ知識がないといったこともあります。なので、相続税申告の経験を積んでいるベテランの税理士に依頼した方が安心して任せることができるでしょう。

対応の速さ

対応が早い税理士を選ぶようにしましょう。相続税の申告は被相続人の死亡から10ヶ月以内と期限が設けられているためです。迅速な対応をしてもらわないと期限を過ぎてしまう可能性があります。対応の遅い税理士に依頼するくらいなら自分で申告した方が早いなんてこともあります。

きちんと手続きができる

10ヶ月も期限があるならば最初から自分でできるのでは?と感じる方もいると思いますが、実は相続が始まってからは多くの事をしなければいけないのであまり時間がありません。やはり、相続税に強い優秀な税理士に依頼をした方が確実に申告を行えます。

税理士事務所なら大阪で利用しよう

[PR]
茨城で行政書士事務所を利用しよう
生活の中のトラブルを撃退☆

[PR]
静岡で交通事故トラブルを解決☆
専門家への相談が大切

[PR]
東京で行政書士事務所を利用
会社設立を徹底サポート☆

横浜で交通事故トラブルを解決☆

[PR]
離婚専門の弁護士事務所☆
夫婦間のスピード解決♪